Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
PROFILE
 
謹賀新年2017

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

ブログの更新も年に1〜2回となってしまって・・・

でも、続けていきたいと思っています。

もはや、これは、自分のために書いているような。。。

 

オフコースの「ever」というアルバムを聴きながら書いております。

昔のオフコースの曲は聴いてると落ち着きますねえ。

でも、なんでSAVE THE LOVEが入ってないんだろうと思うのは僕だけか。

30日に家の大掃除をやり始め31日には旧事務所の大掃除を終え、わりと

こぎれいになった旧事務所の机でこのブログを書いています。

 

例年、正月は、余市の10年を飲んでいたのだけど、ニッカさんがノンエイジ

にしてくれたおかげで飲むウイスキーがなくなってしまって困っていたのだけれど

近くのスーパーで「ザ・ニッカ12年」というものを見つけて、「まあ、これでも

いいか」ということで、この二日間はそれを飲んでだらだらしております。

結構おいしいのだけど、シングルモルトの荒々しさ、とくに、余市のピートの

きいた味に比べればやはり物足りないのだな・・・

ただ、サントリーよりニッカ。トヨタよりスバル。ロレックスよりGSなのだ。

 

さて、今年は独立して10年という節目を迎えます。

10年という年月の意味はやっぱりあって、それは、仕事の熟練度という

ことにおいてはかなりの効果があります。とりわけ、一般企業の経理マンから

この業界に飛び込んできた者にとっては、10年くらいの歳月を経ないとよく

わからないのです。それが、ようやく、全体像が見えてきたかな、という感じ

になってきたかなと。

 

で、やっぱり10年かかったか・・・というのが正直な感想です。

独立当初は3年くらいでなんとか、なんて意気込んでいたのだけど、そんなわけには

いきません。10年たってようやく一人前です。ただ、これからも進化していかないと

いけないわけで、職業というものの奥深さを感じております。

 

仕事って何?これは僕の実感ですけれど、人間は仕事をする動物であると。

逆説的な言い方をすれば、人間は仕事をせずにはいられない生き物である。

ゆえに、仕事は人間の本能であると言ってもいいのかもしれません。

今の仕事が楽しいと感じられないのなら、違う仕事をすればいい。

僕なんかも大企業のサラリーマンがなんとなく窮屈だったので、違う職業を

選択したのだけど、これは正解でした。ただし、前述のとおり、10年はかかる

のです。それなりの仕事をするためには。

 

今朝の朝刊で、人間が安心するためには「一緒に過ごすこと」という文章がありました。

しかも、目的的であってはならない、ただ、目的もなく一緒に過ごすことが大事である

ということです。納得です。ただ、一緒にいるということは身近でいえば家族ですね。

その次は友達。リアルな世界。SNSのバーチャル世界では得られないですね。

会社でもそういう無意味な時間があってもいいよね。仕事に直接結びつかない活動。

運動会をやったり、温泉旅行に行ったりとか、もっと身近なことでいえば雑談するとか。

僕も、スタッフと一緒に仕事をするときには、くだらない雑談をしながら仕事をして

います。結構、べらべらしゃべりながら仕事してます。

 

昨年はトランプさんが大統領に選ばれてびっくりしました。

日本ではア○首相がまたぞろカジノ法案なんぞを強行採決してうんざり。

日本のア○首相はどうしてあれほど短絡的な思考を持てるのでしょうか。

民主主義の危機と巷間言われていますが、これは明確に否定します。

トランプさんもア○首相もこれは経過しなければいけない通過点でしょう。

民主主義は決して完璧なゴールは迎えられない。むしろ、完璧なゴール

などはなく、そこを目指すこと自体に意味があるのではないか。

 

モンテスキューは法の精神で「民主制」には人民の「徳」が必要であると説いた。

専制君主の社会では恐怖が支配しているため、民衆には徳など必要がない。

より自由度が増す民主制では、それを保つためには徳がないと維持できない。

では、徳とは何か?それは公共の利益を私的な利益より優先することである、という。

(でも、これを悪用する輩もいるので警戒が必要ですね・・・)

 

多様な考えを持つ社会が良いと僕は思う。

それぞれが個を確立して互いに認め合う。

そして意見を戦わせて話し合いで物事を決めていく。

その際に重要なことは、少数意見を尊重することだと思います。

多数派がいれば少数派もいる。多数派が次の選挙では少数派になることもあれば

その逆もあり。つまり、時代の流れによって、多数派と少数派は入れ替わる。

であれば、今の少数派を尊重することが、次の世代を健全に保つことになるのではないか。

社会をより大きな時間軸で見た場合には、少数意見を大事にしておくことがその社会

の持続性を高めることになる。

 

これって、どの組織でも一緒。

会社でも、業界団体でも、家族でもね。

なんか変なこと言ってる、というヤツを大事にしましょうよ。

みんな一緒なんてのは気持ち悪いじゃないですか!

 

なんか、だらだらと書いてしまいました。

今年も永ちゃんから年賀状が届きました。

「自分に真っ直ぐに向き合って生きる!」というメッセージ。

真っ直ぐでいいねえ、永ちゃんは。

 

僕も今年は少し余裕を持って、できるだけ真っ直ぐに生きていきたいと

思っています。

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171903