Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
暑中お見舞い申し上げます
暑い日が続きますね・・・

先日、新規のお客様を訪問するために増毛(ましけ)に
行ってきました。

前から乗ってみたかったJRに乗って・・・
札幌から深川まで特急で行き、そこから留萌線で増毛へ。
このうち留萌から増毛までが来年の秋?で廃線になるという
ことだそうで、留萌線は混雑していました。

といっても座れないほどではなく奥のボックスに座り込む。
座って乗客を見れば、これはもう明らかに、「鉄ちゃん」たちです。
汽車に乗るだけでこんなに嬉しそうな人たちを初めて見ました。

僕の隣に座っている少年はどうなのか?
パッと見は地元の野球小僧。坊主頭にローリングスの短パン。
しかし、足元にあるのはカメラバッグ。荷棚を見ればでかいリュック。
これは、間違いない。鉄小僧だな。
「どこから来たの?」
「東京の八王子です。」礼儀正しく大きな声で答えてくれました。
「ひとりで来たの?」「はい。」「すごいね。」「いえ。」
聞けば、新十津川まで乗って、そこからバスで深川に出て、留萌線に
乗ったということ。やっぱり、鉄さんてすごいわ。

増毛町はマシュケというアイヌ語からきたようです。
カモメが多いところとウィキペディアでは説明されております。
「駅 ステーション」のロケ地にもなりました。
国稀酒造と魚介類がおいしい町です。
よくツーリングで訪れた町です。

僕のお客様は暑寒沢にある果樹園です。
日本最北の果樹園地域で六次化を進めたいということでご支援させて
いただいています。北海道の各地で頑張っている企業をご支援できる
ことは本当に楽しいものです。この仕事を選んで本当に良かったなと
心底思うこのごろです。

自慢ではありませんが、私のお客様は黒字企業が多い。
全体の90%以上は黒字です。そのうち、起業段階からご支援している
お客様はほぼ100%の確率で黒字になっていらっしゃいます。
これは、大きな投資をする前にきちんとした事業計画を立てること
そして黒字にするための打ち手を講じていくこと、をやっているからです。
当たり前のことですが、なかなか一人ではできないことかもしれません。
我々のような職業会計人が傍らにいて良き相談相手になることが大きな
メリットになるのではないか、その証左だと思っています。

さて、となりの鉄君(T君)と話し込んでいるうちに増毛に到着しました。
札幌駅で買い込んだ駅弁を食べる機会を逸したので、T君に進呈しました。
「じゃあ気を付けて!」「そちらも。」
受験を控えた中学3年生、受験も頑張れよー。

帰りも当然JR。国稀を買って車内で飲んで・・・と思っていたら5時で
閉店!!この町はほぼ5時で終了。仕方がないのでセブンでビールを購入。
帰りの車窓から美しい夕日と海を見ながら「プシュっ、ぐびぐび、最高!」
常磐線的おやじ的幸せ、を噛みしめつつのんびり帰りました。

おまけ・・・この後、大雨の影響で電車が止まり深川駅で待ちぼうけ。
ま、こういうこともあるさ。広い北海道だもの。

留萌増毛という文字面・・・なんか意味ありげ(笑)↓










 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171897