Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
終戦の日に思うこと
何気なくテレビを見ていたらNHKの特集であった。
討論形式の番組。鳥越さんがひとりまっとうなことを言っていて
応援しつつ見る。それにしても経済系のおじさんと学者なのか
お坊ちゃんが一人いたが、まあ、ひどかった。

終戦の特番なので当然話題は戦争のこと、そう集団的自衛権の
ことである。このことに関してはブログにも以前書いた。
一緒に見ていた高2の息子もなんだか真剣に見ていた。

わたしは以前から新聞の切り抜きをしていて、改めて読み返して
みた。自民党なのだけど政治家としては立派だと思う後藤田正晴
さんの記事と憲法学者の樋口陽一さんの記事が目に留まった。

後藤田氏いわく「(日本国憲法は)1928年の不戦条約から
国連憲章にいたる流れを受けた人類の理想を述べたもので誰も
反対できない」
樋口氏いわく「日本国憲法を押しつけだと非難する人たちがいますが
それは違う。この憲法の価値観は、幕末以来の日本の近代と無縁では
ありません。〜中略〜むしろ35〜45年の国粋主義、全体主義の
時期こそ、幕末からの流れと異なるものだった。ポツダム宣言は軍国
主義に染まる前の日本の民主主義を「復活強化」せよと言い、日本政府
はそれに調印したわけです。
〜中略〜今から120年も前、大日本帝国憲法の制定に
かかわる政府の会議で、伊藤博文がこう語っています。『そもそも
憲法を設くる趣旨は、第一、君権を制限し、第二、臣民の権利を保全
することにある』(伊藤は)憲法によって国家権力を縛るという
立憲主義の考え方を理解していたことがわかります。」

まず、日本国憲法のスタンスを確認したかったわけですが、押しつけでも
なんでもなく世界史的に見ても国内史的に見ても、もともとあった理想的
な考え方であったということ。

さらに後藤田氏いわく「日本の領域の外での武力行使はやるべきではない。
専守防衛に限るべきだ。」その考えは戦争体験から?「いやそれだけではない
〜中略〜第二次大戦で核兵器が使われ、戦闘員も非戦闘員もすべてを巻き込む
ようになった。兵器の発達した国同士の戦争にはもはや勝者も敗者もなく、
破滅があるだけだ。国際間の紛争はいかなる努力、いかなる我慢をしても話し合い
で解決すべきだ。その枠組みづくりにこそ力を入れるべきだ。」

これらの言葉を噛みしめたい。

まっとうな政治家や学者が少なくなっていく。
後藤田さんが生きていたら安倍さんも一喝されただろうに・・・

戦争の恐ろしさはそれ自体ももちろんであるが、それに至るプロセスが誰にも
コントロールできない点にあると思う。気が付いたら戦争、そして国家という
抽象的な概念によって命令されるという無機質さにある。誰も責任をとらない。

そういうものに巻き込まれてたまるか、という思いを強くしている終戦の日でした。




 
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171888