Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
ビアへ その3
最終日である。

最終日はH氏と二人でのんびり観光です。
H氏の趣味のよい車に乗って湯布院、宇佐神社などをゆっくり
見て回りました。

神社には土産物屋が並んでいて木刀が売られている。
よく見かける光景だがなぜ木刀が売られているのだろうかと
H氏が不思議がっている。「子供が買うんでしょ」と私。
帰り道にまたその店の前を通ると「わかった、外人が買うんだ!」
とH氏。「なるほど!」積年の疑問が氷解した瞬間でした。

その夜はホテルを抜け出して温泉旅館へ投宿。
宿の周りを散策すると、スナックやら大衆演芸場などがあり
まさに昭和の面影である。

私とHさんはなぜだかウマが合う。
なんというか子供のころから一緒にいたような気持ちになる
のである。二人とも田舎モンである。九州と四国の土着のガキ
であった。当時はそこかしこにあった原っぱで一緒に遊んだような
気がするのである。

良くも悪くもその原っぱで遊んでいた子供のままという気がする。
自然というか風土に一体化したような、人間としての基本スタンス
が似通っているのかもしれない。
機を見るに敏ではないし、如才なくはないし・・・
わかりやすい言葉でいえば不器用なのか、まあ、自然体である。
「オレはオレだしな」という感じですかね。
まあ、メッキはすぐにはがれるし右往左往せずすっと立っている
感はあります。おたがい、自分に自信があるのかな、たぶん。

Hさんは数少ない私の友でもあります。先輩ですけど。
友達は少なくていいんです、ホントに。でも、本当の友達に出会いたい。
そのためには自分が何者であるかを明示しないといけません。

まあ、そういうことで友と過ごせた今回の旅はとても楽しく充実したもの
でした。ありがとうございました。

今度は札幌でお待ちしていますよ。

Hasta Luego!! Amigos.






 
コメント
from: Hです。   2014/05/08 9:40 PM
長編ブログ楽しく読ませて頂きました。ピーターは相変わらずオモシロイ奴です。毛ガニも美味しく頂きました。貴殿は私にとって後輩や友達というより今や私の誇りです。北の大地に輝く巨星です。じゃまた会う日まで。
from: Y.Fujimoto   2014/05/11 3:18 PM
Hさん、コメントありがとうございます。
ホコリにならないよう精進いたします(笑)
おたがい体には気をつけましょう。では、またお会いできる日を楽しみにしております。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171883