Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
ビアへ その1

 三月の繁忙期をなんとかやり過ごし、久しぶりにビアへ(旅)

に出てきました。沖縄〜大分という行程。

まずは沖縄編。

三月というのに夏のようなけだるい空気。シャツ一枚なのに
汗ばんでくる。なにはともあれまずは息子の通う大学へ行く。
大学の寮に向かって歩いていると頭上にオスプレイ!
なんだかなあと思いつつぼんやり眺めている。
こういうものが普通に日常的に上空を飛ぶという大学は沖縄
をおいて他にない。けだるい空気の中をとぶ出来の悪い物体
は不意に現れて何事もなかったように通り過ぎていった。


寮はコンクリートでできていてコンクリート色をした建物である。
そこに何人もの若者が生活している。
息子の部屋は窓が開け放たれており、湿った空気が充満していた。
ベッドと机があり残りの空間はほんのわずかである。
息子はここで自由を謳歌しているようであった。質素な部屋と
玄関先に無造作に置かれている自転車が彼の自由さとほどよく
均衡しているようでなんだかほっとした。

沖縄では水族館に行ったりカヌーにのったりそばを食べたり
泡盛を飲んだりして結構遊んだ。
泡盛を飲みすぎて国際通りを叫びながら歩いたそうだがあんまり
覚えていない。息子たちを蹴りながら歩いていたようです。
反省・・・

最終日は平和祈念館へ。
沖縄戦の詳細を知る。多数の民間人が犠牲となったがその理由が
よく理解できた。

那覇を立つ日は三月の最後の週末であった。
空港には本州へ行く学生や就職で出ていく若者でごった返していた。
季節柄といえばそれまでだがそれにしても数が多くて驚いた。

それらの多くの若者たちにまじって福岡へ。
つづきはビアへその2で。


 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171881