Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
お知らせ

しばらく更新をサボっておりました。

この間、いろいろなことがありました。
人生に無駄なことは一つもない、という教えがありますが
そういうことなんでしょう。

さて、お知らせが二つあります。

創業塾、今年もやります。
実行委員長は昨年限りでおりましたが今年も講師を務めます。
8月から6回シリーズです。
講師が税理士&社労士ということでなかなか好評です。
税理士会札幌北支部のHPより申し込みができますのでよろしく
お願いします。私に直接でももちろんOKです。

もうひとつ。
税務研究会主催で「原価計算の理論と実務」というセミナーをやります。
今回は北大の篠田准教授とコラボです。
わたしが実務編を担当します。
3時間というコンパクトな時間ながらも内容はぎっしりです。
小難しい原価計算理論を平易に解説しつつ実務も聞けるという
一粒で二度おいしいセミナーとなっていますので、製造業のみならず
いろんな業種の方に聴いていただきたいです。
8月2日(金)です。

管理会計の導入は息の長い仕事です。
急激に業績を伸ばすというものではありません。
しかし、これを入れておくと、急激な業績ダウンは免れます。
なぜかと言えば、先が見通せるからです。
エンストする前に、燃料計がガソリンの量を教えてくれますし
オイル漏れも警告してくれます。タコメーターもあります。
エンストする前に打ち手が打てます。
何もない車に乗っていれば突然エンストしてジ・エンド。

会社に天才はいりません。
普通の人が当たり前にデータ(計器)を見て判断する、これで十分です。
もちろん天才がいることにこしたことはありませんが、普通の会社に
ビルゲイツやスティーブジョブスがいるでしょうか?いませんよね。

ですので、管理会計を導入したいと思われている経営者の方には
ぜひ、長いスパンをかけていただきたいと思います。私の経験では
最低でも3年はかかります。その根拠は
1年目・・・実績データを取る仕組導入
2年目・・・実績データの蓄積
3年目・・・予算の編成
ということです。
3年目でようやく予算をもとにしたPDCAサイクルが回せるようになります。

急がば回れ、です。

このロジックに共感される方は是非ご来場ください。



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171869