Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
PROFILE
 
神楽坂にて

先日、仕事関係で東京へ出張に行った。
某業界関係団体の研修であったが、なぜか土日開催。

わたしは基本的に都会は嫌いである。
えっ、札幌は都会じゃないのか?って。
札幌は別格なのですよ。

さて、嫌いではあるが、局地的に好きな場所はある。
下北沢しかり、神保町しかり、吉祥寺しかり。
小さくて文化的な香りのする場所はいい。

今回は元同僚のS君と8年ぶりの再会。
団体の懇親会をパスして近くの神楽坂で落ち合う。
海外駐在から帰ったばかりのS君と適当にネットで予約
した店に入るとこれがまたいい店であった。

自慢ではないが、わたくし、店を選ぶセンスはあるのである。
店構えとか、中の様子とか見ればなんとなくビビット来るものがある。
そういうところは大概OKである。
最悪なのは「騒々しい店」である。そういうところは入った瞬間から
憂鬱になる。一刻も早く外に出たいと思いつつ仕方なくいる。
だから、店は自分で選ぶようにしている。

一件目でたいそう満足した私は二件目のバーに行こうとした。
ところが手に持っている地図と少し違うのである。街が・・・
どういうわけかぐるぐる回り、あげくの果てには交番で道を聞き
そのあげくまた道に迷い、いい加減げんなりしてきたころにあった。
こういう時、S君でよかった。彼は基本的にいいやつである。
一緒になって「こっちじゃねえのか?」とか言って彷徨している。

そのバーも落ち着ける店であった。
どこか外国のお菓子を振舞われ、幸運のアーモンドを引き当てた。
店の他のお客さんも祝福してくれた。

坂道の迷路のような路地裏の地下のバー。
しゃべることは山ほどあったが、キリがないので終電まじかで
お開きに。

坂道を降りていって地下鉄の入り口までS君を見送る。
わたしがお土産で渡した六花亭の紙袋を持ったS君が地下鉄の
階段を下りていった。

また、いずれ、どこか気持ちの良い店で飲みたいものである。











コメント
from: S君です   2013/02/17 9:52 PM
楽しかったですね、都合つけてよかった。また機会があれば是非!神楽坂恐るべし。
お陰様で、娘二人とも其々第一志望の大学/高校に進学でき、自分は年を取るばかり、F君を見習って楽しく生きていますよ。
from: Y.Fujimoto   2013/02/17 10:49 PM
コメントありがとう。
そうですか、合格おめでとうございます。
うちのはこれから受験ですわ・・・

男の人生、まだまだこれからでしょ。
また、おいしい酒を飲みに行きましょう。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1171862