Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
静かならざる亀
新聞を読んでいて注目の記事を見つけた。

それは、亀井大臣の発言。
中小企業が融資を受ける際に経営者個人に連帯保証を求めることを
やめさせよう、という趣旨。

これ、僕は大賛成です。
税理士になってからこの取引慣行を身近に見てきましたが、どう考えても
変だという思いがしていたからです。
<理由>
_饉劼紡个靴涜澆靴弔韻襪里鵬晋侶弍勅垳朕佑虜盪困鮑垢圭个気覆韻譴
 ならないのか?
銀行も資本主義社会の一プレーヤーにすぎない。であれば、貸出のリスク
 を取るのは当然。企業の体力や成長性を吟味して貸出を決済しているの
 であるから、結果として貸倒になってもそれは銀行の責任。
7弍勅圓浪搬欧鯱頭に迷わすプレッシャーを感じつつ経営にあたるが
 それは時として冷静な判断を鈍らせ、また、銀行に対して過度に下手
 に出るという態度をとらせ、結果として経営を支援するどころかかえって
 圧迫してしまう。

というような理屈はあとからいくらでも湧いてくる。
しかるに、結局、そんな理屈をこねようものなら
「だったら貸さないよ」と言われジ・エンド。
結局、資金繰りに詰まっている経営者は折れざるを得ない。
というより、そもそもこのような疑問を全く差し挟まない経営者も多い。
かえって、それが経営者の矜持というようなものに変質してしまっている
場合すらある。

さてさて。そのような日本独特の商慣行に巻きこまれてしまった経営者の
ワーストシナリオはいかに。これが悲惨極まりないのである。
会社が倒産すれば家と土地を取られ、家族が文字通り路頭に迷う。
最悪のケースは・・・お分かりですね。

もう一度肝心な点をおさらいしておきたい。
・銀行はそれ自体では存在しえない。つまり企業に金を貸さなくては
 利潤は出ない。(ま、最近は国債買って利益だしてるけど。)
・その際に、銀行はしかるべき調査をして、金を貸すべき

この二点だけで完結する議論である。
つまり、健全に経営されている企業からの利潤で貸倒リスクを賄うという
当たり前の経営を銀行がやってさえいれば、個人保証なんぞはそもそも
いらん、ということであります。

そこまで取るよ、ということは、銀行の経営のまずさを個人に押しつけて
いることと同義であり、ひらたく言えば「がめつさ」の象徴である。

かようなことが許されているのはひとえに法的整備の遅れというしかない。
資本主義の根幹をなす「資本調達」のインフラがこのような状況では
明日の経済を支えるアントレプレナー達が育つはずがないではないか。

僕は税理士のはしくれとしてこの政策はもろ手を挙げて支持したいと思う。



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.f-c-o.co.jp/trackback/1053118