Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
こぱ・で・むんど 終わる
ワールドカップ終わりましたね。

自慢ではないが、一位、二位をズバリ当てました。
本当は南米に勝って欲しかったけど・・・
冷静に見るとやはりドイツは強かった。
組織的だけど、縦パスから細かいパス回しを高速でやる
ところは明らかにスペインの戦術を取り入れている。
でかくて強くておまけにタフなゲルマン魂をもった男達が
そういうサッカーをやってきたら、ちょっと勝てない。
勝てるとしたらメッシしかいないと誰もが思ったはずだ。
ただ、メッシはマラドーナほど決勝トーナメントで輝かなかった。

それにしても日本は予想どおりメンタルを立て直せず
負けてしまいました。今回の決勝トーナメントに出たチーム
と比較すれば、まあ、負けて当然です。

ベスト16、8、4、決勝という階段の一つ一つはとてつもなく
大きい。今回、その高さというものを日本は思い知ったと思う。
わずか20年でその階段を登れるほど甘くはない。
ひょっとしたら、というかすかな希望を与えられたことも事実。
しかし、親善試合と本戦との落差はあまりにも大きかった。
ただ、優勝を口にしていた選手たちを責める気にはなれない。
その意気やよし、結果が出なかったことに大きな責任を感じる必要
はまったくない。だいたい、誰に謝る必要があるのか?

岡田元監督が言っていたけど、日本には長期的な視点が必要だと
思う。4年ごとに代表監督を変えていては強くなれない。
12年くらいのスパンでじっくり鍛えていけばよいのではないか。
日本には基礎(伝統)というものがないのだから、短期的な結果を
追い求めていたら、いつまでたっても中途半端になってしまう。
代表監督がころころ変わるのは欧州や南米の慣習であって、新興国の
日本にはなじまない。

長期的視点の欠落、これ、「失敗の本質」で語られたことですね。
長期にわたって責任を持つことは、裏を返せば短期では責任を問われない
ということである。今回のことで言えばザックは続投ということになる。
攻撃的なサッカーは選択としては正しい。ならば、足りない部分を補強しつつ
次回もやり続けることに意義がある。
守りを固めて、カウンターに望みをかけるという戦術では先がない。
それで勝ち上がれるのはメッシがいるアルゼンチンくらい。

とりあえず、ザック、カムバーック!と叫んでおこう。

で、やっぱり帰ってこなかったら、キングカズ、20年くらい代表監督
やってくれ。その姿をわたしは見たい。





 
こぱ・で・むんど
コパ・デ・ムンド、ワールドカップが開幕しましたね。

この大会独特の雰囲気が大好きです。

残念ながら日本は初戦を落としました。
ただ、ここからです。ここでしょぼんとなっていてはいけません。
相手も11人の人間です。条件は対等なのですから恐れることは
ありません。対等の条件下で1%でも可能性があるのなら絶対に
あきらめてはダメでしょう。ここで、日本チームの真価が問われると
思います。

日本は個々の力はあるのになぜかチーム全体の強さが感じられない。
中田や本田のような強力な選手が11人必要かといえばそうでもない。
一人ひとりはアベレージでも、絶対に勝つ、という意志が強固であり
高い集中力とメンタルを保てればチームの凄味というものが出てくる。
たとえばメキシコの選手たちは小兵であるけれど、カメルーンに競い
勝った。彼らはピッチ上で常に闘士の顔をしていた。日本の選手は
その点、どこか表情に甘さが感じられるのである。点を取られて下を
向く選手が何人もいた。

この大会では初戦を落として一次リーグを突破する確率は8%?らしい。
かなり厳しい状況ではある。しかし、この厳しい状況だからこそ闘志
を振り絞って勝ち抜いて欲しい。

それができるチームになってこそベスト8入りが可能になると思う。
下を向かずに、なにくそっ!と頑張っている姿を見せて欲しい。

まあ、個人的にはキングカズに出場して欲しかったんだけどな・・・
息子に一蹴されましたけど(笑)


 
コパ・デ・ムンド
メッシもいい、ルー二ーもすごい、ロナウドも上手い、カカも素晴らしい
でも、僕が一番注目してしまうのは・・・・

マラドーナである。

1986年、大学生だった僕の目に焼きついた彼のプレーは衝撃だった。
あんなプレー見たことない。アルゼンチンなのに観客席から聞こえる声は
「アルヘンティーナ!」と言っている。どういうことだろう??
それはスペイン語発音であると知ったのはずっと後になってからだ。
ちなみにメキシコはメヒコである。

長髪をなびかせてゴールを量産したのはその前の大会でのケンペスだった。
ブラジルだけじゃなくアルゼンチンも強いんだ、とはじめて認識した。
南米ってすげえ、と思った。そして、マラドーナである。参った。
完全にやられた。どういう足の構造をしているのか、まったく予想もしない
場所からボールが出てくる。「えっ」と思う連続だった。

そんな強烈な思い出が他のだれでもないマラドーナに注目させるのだ。
このままアルゼンチンに優勝してもらいたい。
他でもないマラドーナを一番長く見ていられるように・・・


10年振りに再開
とある業界的集まりに出ることになり10年振りに再開しました。

それはゴルフです。
「ゴルフなんかしてる余裕あんのか?」
と鋭いツッコミは想定の範囲内です。ごもっとも。
しかし・・・
「これは広い意味での営業活動でもある。」のです。
なので、少し、大目に見てください。(って誰にいってんだろ?)

さて、再開するにあたって昔の道具を物置から引っ張り出してきて
唖然。スパイクにはカビ。キャディバックも全身カビ。ひえ〜である。
幸いクラブだけは部屋内保管していたので大丈夫。

まずは、練習ということで近所の打ちっぱなしへ。
なんか懐かしいですね、この雰囲気。
ふと、隣の紳士のドライバーを見ると、なんか変。というかデカイ。
えー、こんなでかくなったの?ドライバー!
ちなみに僕のドライバーはキャラウェイ・ビッグバーサ。
当時はみんな憧れていたものだった。それが、今となっては完全に前時代の
遺物のような存在になっているではありませんか。

ま、いっか。今の私にはドライバーに投資する意思決定はあり得ない。
気を取り直して練習開始。ありゃー、全部スライス。
体が先に開いて手で打ちにいっている。わかっちゃいるけど体がいうこと
きかない。10年歳くったので体が硬くなっているんですね。
そこで、少しフォーム改造。バックスイングで少し左足かかとを浮かす
ようにしました。こうすることによってスムースなテイクバックと体重移動
が可能になりボールの軌道も昔のようなドローになってきました。

きっちり当たると気持のよい弾道が出てきます。僕のアイアンはミズノ
のTN87。プロモデルなので難しいんです。

10年前の道具でしばらくは営業活動に専心します。

バスケットボール観戦
レラカムイの試合を見に行ってきました。

田臥を擁する栃木との試合で接戦ながらも勝利しました。
それにしても田臥選手はレベルが違う。

レベルの差を云々したらいけないのかもしれませんが、アメリカの
バスケの試合とはやはり比較になりません。マイアミに住んでいた
頃にはよくヒートの試合を見に行ったものです。シカゴブルズの
ジョーダンも見ましたが、やっぱり彼らは凄いんだなと再認識しました。

でも、レベルはこれから上げていけばいいんです。
地元チームを応援できるというのは何物にも代えがたい文化ですからね。
ラーメンをすすりながら見るバスケというのもなかなかおつなものです。

これからも応援します。


試合開始前の月寒コート
初すべり
今年も恒例の新年スキーに行ってきました。

場所は富良野「北の峰スキー場」。
ここは雪質も良くゲレンデも広いので一番のお気に入りです。
山頂にはシンボリックな木がありなんとなく親しみが湧きます。

さて、ゴンドラでは恒例の?外国人アンケートができました。
今回同乗したのは若いあんちゃん。
「どっから来たの?」
「U.K マンチェスター」
「オー、ユナイテッド」
「イエース」
なんちゅうベタな会話やねんと思いつつもいろいろ聞いてみますと
円高にもかかわらず日本に旅行に来るだけのサラリーがあると判明
しました。彼はエアバス社のエンジニアでありました。日本へは初めて
の旅ということでしたが、楽しんでいるということでした。スコットランド
では雪質が悪く、たびたびスキー場も閉鎖されるそうです。
このあと東京に行って相撲を見て帰るのだそうです。(初場所ってもう
始まるんでしたっけ?)
オージーしかいないのかと思っていたので、かなり意外でした。
来年はどんな外国人に会えるのか楽しみです。

それにしても、一時期に比べ、スキー場も人が少なくなりました。
良いことです。(いや、混雑が嫌いな一顧客としての立場ですが・・・)
正月にのんびりとコンディションの良いスキー場で過ごすことは、かなり
満足度の高いことです。しかもここは家内の実家があるので宿泊費もかかり
ませんし。

100年に一度の景気後退らしいですが、ここのスキー場では皆変わらず
楽しそうにスキーやってます。というか、景気が悪いのであればお金使わ
ないとね。ますますドツボにはまりますよね。合成の誤謬でしたっけ?




シンボリックな木と息子と甥


ジャイアントコースから
感動のひと蹴り
今日は、あまりに感動したのでおもわず投稿します。

何がって?それは今日のガンバ大阪の三点目ですよ。
今までの日本の国際試合の中で間違いなく一番のシュートです。
しかも相手がマンUですからね。いやあ、素晴らしかった。

日本の試合を見るたび、最後の詰めがアマアマで、
「なんでそこでシュート打たないの?」とテレビに向かって
何度問い詰めたことでしょうか。

それを今日、完璧にそれこそ絵に描いたマンガのように
ズコーンとやってくれました。「そこで打てー!」の
掛声と同時に放ったシュート。もう爽快の一言です。
余裕をかましていたマンUのベンチも顔色変わりました。
試合自体は3-5で負けたけど、これは次につながります。

やればできるじゃないか、日本男児。
虎の中のハム
10回裏二死満塁で惜しくもゲームセット。
年に一度のドーム観戦でしたがなんとも残念。

それにしてもいい試合でした。
負けても満足という感じです。

ところでこの試合、チケットの関係で一塁側の内野席で観戦しました。
敵側スタンドとはいえここは札幌とタカをくくっていたら唖然。
虎虎虎の大応援団の中にポツンと入ってしまいかなり焦りました。
黄色と黒の軍団はさすがに迫力があります。また、応援スタイルも
伝統を感じさせ敵ながらあっぱれでした。

いろんなチームの応援スタイルを観察するのもまたおつなものです。
地元チームを持つ幸せを感じた一日でした。



試合前の札幌ドーム

あいの里公園
週末は家のすぐそばにある「あいの里公園」をウオーキングする
ことにしています。

この公園はJRの駅の名前にもなっていますが、とても広々としていて
緑が多く僕のお気に入りの場所です。中央にトンネウス沼と呼ばれる沼
がありその周りを一周するコースです。一周約2キロぐらいだったと
思います。

僕の会社のHPのプロフィール写真も実はこの公園で撮ったものです。
僕がここに家を建てようと決めたのもこの公園の存在が決め手でした。
中にはテニスコート、野球場があり、公立高校も隣接しています。

ここを二周もすれば結構な運動量になります。もちろんジョギングしている
人も多いです。このあたりの住民の憩いの場、健康維持の場になっています。
僕も子供たちとよくキャッチボールをしています。

この周りに品のいいカフェでもあればいうことないのですが。









すべり納め
ほっと一息してきました。(ついでにブログも・・・)

三月も半ばというのに富良野ではスキーヤーがたくさんいました。
今年の北海道は雪解けが急ピッチで進んでいてさすがのフラノも
雪のコンディションはパウダーというわけにはいきません。

前日の雨のせいか北の峰山頂の木が樹氷となり、なおかつ、雲海の
上に十勝岳連峰が見えるまさに神がかり的な美しさでした。
こういう景色に出会えるところが北海道ならではです。

すっかりリフレッシュしてきました。



山頂の絶景


山頂の絶景


富良野を一望