Sapporo sustainable life

Sapporo sustainable life
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
PROFILE
 
謹賀新年2016
明けましておめでとうございます。

雑煮を食べて、年賀状の返事を書いて、デビッド・サンボーンを
聴きつつブログを書いております。「ロータス・ブラッサム」が
心にしみるなあ。

昨年は、本当にあっという間に過ぎていきました。
年明けから重たい仕事に取り掛かり、新規のお客様もおかげさまで
順調に増え、六次化の支援を複数同時並行でやっているうちに気が付けば
年末でした。

この仕事(おもにコンサル系)は実践あるのみです。
実践していく中で新たな発見や人的つながりができ、結果としてノウハウ
が蓄積していくということです。それが、税理士業務にもフィードバック
していくという循環が生まれています。昨年、もっともコンタクトした
プロフェッショナルはデザイナーさんでした。そして多分これからも。

特に、一次産業の六次化支援はとても難易度の高い業務と感じます。
あるのは、素材と経営者のみ。素材はその土地の風土や文化、歴史を
含みます。経営者には今までの経験、考え方、人脈、意志が含まれることは
言うまでもありません。そこから、商品力、販路、生産技術、プロモーション
等を作りこんでいくことになります。いわば、「宇宙の創造」です。
それらを総合的に勘案し、数値化して事業計画に落とし込み、資金調達を
図ります。そして一番大事な結果を残すために汗をかく。
この一連の作業を経営者の方と一緒に併走するのが私の役目。
とてもやりがいのある仕事です。ただ、とにかく「最初が肝心です」。
六次化は最初の計画段階から、ともに協力してくれる専門家がいるかどうかで
その成否が大きく違ってくるように思います。

さて、世の中を見渡せば・・・
昨年は天下の悪法である安保法案が通ってしまいました。
世の中全体がなにやらきな臭い方向に流れており「なんだかなあ」である。
国家をまったく信じない私(というか国家というのはただの機関)は、この
「国が何かを決めたらおしまい」という感覚がとても気持ちが悪い。
終わりでもなんでもなく、これからもう一回ひっくり返せばいいだけの話じゃ。
丸山真男は「政治的判断」のなかで次のようなことを言っている。
「理想はそうだけども『現実』はそうはいかないよ、という言葉がある。
 こういう見方というのは、現実が持つ『いろいろな可能性の束』という
 見方が欠けている。現実を出来上がったもの、固定したものと見ないで
 可能性の束とみて、その束の中から伸ばしていくべきものを方向性として
 示すことが政治的認識である。」
「民主主義は大衆がその実践を通じて自己訓練することでしか獲得できない」
そして、最後にこのようなことを言っている。
「抽象的に、二分法に考えないで、すべてそれを移行の過程として見るわけで
その意味でデモクラシー自身が、いわば、『過程の哲学』の上に立っている」

『過程の哲学』・・・いい言葉ですね。
これってすべてに当てはまるような気がします。自分がやっている仕事も結局の
ところ時間軸の流れの中で次にバトンタッチしていくためにやっている。
現実の可能性の束の中で「良かれ」と思う方向性を自らが出し、それが、時の
風雪にさらされ、あるものは朽ちあるものは残り・・・その進化の過程にあるのかも
しれません。それを進化と言っていいのか今はまだ判然としませんが。

さて、これから三年間は新たなビジョンでやっていきたいと思います。
今までの三年間はあえて自然体でした。ので、今年から三年間は再びチャレンジです。
三年後に形になっていればそれで良し。

永ちゃんから年賀状が届きました。I wish you all the best for this year!という
メッセージ。あいかわらずかっこいいね。

多様性を肯定する中で、それを積極的に捉えかえし、絶えず考え続ける。
決して思考停止はしまい。そんな一年にしたいと考えております。

今年もよろしくお願いします。




 
にわかファン
ワールドカップと言えばサッカー。
サッカーを愛好するものにとってラグビーはまったく
へんてこな競技であった。

第一、ルールがわからない。
それにすぐぶつかりあってもちゃもちゃする。
そしてすぐに笛が吹かれる。
もっと、ひゅんひゅん抜いていって爽快にトライを決めてくれよ。
見ていてまったくじれったいスポーツ、それがラグビーであった。

80年代、ユーミンの「ノーサイド」で一時盛り上がった・・・
そういのもちゃらくてなんだかなあと横目で見ていた。
スポーツはファッションじゃないよ、と。
もっと言うと・・・いやこれはやめておこう。

それがだ、この二週間で一気にひっくり返った。
南ア戦。テレビを見て絶叫した。サッカーも含めておそらく一番
感動したのではないだろうか。
最終盤で相手が反則を犯したとき、リーチはスクラムを選択した。
「えっ、まじか!」
アナウンサーがスクラムを選択しました、と言ったとき、画面に
桜ジャージを着たイギリス人らしき若い女性が叫んでいた。
「カモーン!!」こぶしを突き出している。
これには参ったね・・・鳥肌もんだね。

アメリカ戦に勝ったとき、本当に日本の強さが証明されたと思う。
にわかファンだけど、最後まで戦った男達に脱帽です。
8強の望みが絶たれていたからこそ、彼らの美しさが際立っていた
ように思う。

にわかファンだけど、次のことはわかった。
・ラグビーはもちゃもちゃが基本
・そこからいち早くボールを出し、すぐに立ち上がること
この基本動作を繰り返していけば勝てるんだということ。

そして、ボールを前におとしたら「ノックオン」という反則を
とられるということ。

はじめて知りました。




 
余市スーパードライ
余市の10年がなくなって、新しいノンエイジの余市の
発売を心待ちにして、先日、コンビニでゲットしたはいいものの・・・

飲んでみました。
うーん。。。残念。無念。がっかりです。

色が薄いことに若干の心配をしていましたが、味もその通り。
余市独特のコクがありません。深い味わい、そして、ピートの香り。
なんとも言えない繊細なジャパニーズウイスキーでありながらピート
の効いた骨太の味が好みだったのだが。

これでは台無しです。
アルコール臭と塩からさ。そしてなんとなくのピート。
余市らしさのかけらのようなものは感じるが、とても、従前のもの
と同レベルとは言えません。
余市限定のピーティー&ソルティーとは次元がまるで違う。
あれは、余市の潮風が感じられて絶妙だった。

これは一つの事件です。
ニッカの優秀なブレンダーがこんなものを出すわけがありません。
独断と偏見で言わせてもらえば、親会社の某ビール会社の方針では
ないかと・・・若い原酒を無理やり混ぜて、生産量を確保できるだけの
ものを作らせた、としか考えられません。

ビール会社の発想ならわかる。
だけど、ウイスキーだからね。
ニッカ好きをなめてもらっては困る。
余市をスーパードライのようなテイストにしてしまったらアカンでしょ。

ニッカ殿。
申し訳ありませんが、マッサンの矜持を取り戻してください。
そして、可能なら、某親会社と縁を切って、小さいけれどキラリと
光る身の丈経営に戻っていただきたい。
我々北海道人はそんなニッカを支えていくと誓います。

こんな余市を出すくらいなら、しばらく、出荷停止にしてもう一度
元の余市エイジシリーズを出していくべきです。
ひとつの文化がなくなったに等しい事件です。


もう一度言います。
「がっかりだぜ!」



 
8周年
9月7日をもって独立開業8周年を迎えました。
これもひとえに今まで支えていただいたお客様をはじめ
関係各位の皆様のおかげと感謝いたします。
この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

40で会社を辞め、42で独立してはや50歳。
地道にコツコツと自分なりのやり方を模索して歩いてきました。
不安の大波をなんとかやり過ごし、時に暴風雨をしのぎ、沈没
寸前で助けられるというようなこともありましたが、なんとか
形が見えてきました。

この三年間ほどは、特に意識して自然体でやってきました。
おかげさまで、当初の計画は達成できたようです。
不思議なもので三年目にパタパタと成果が出てきました。

開業当初はリーマンショックの最中でよくまあやったもんだ
と思います。それにしても、8年もかかるというのは・・・
ちょっと想定外でしたが、自分はもともとスロースターター
なのかもしれません。お客様の増え方は超スローでしたが
結果的にとても良いお客様に恵まれたような気がします。

この前、永ちゃんのコンサートに行ってきました。
感動の一言。なんというか全身の細胞が活性化されました。
永ちゃんは65歳。あんな65歳もいるんだ、すげーな、と。
そしてカッコいいなと。やっちゃえ、永ちゃん。

40歳で会社を辞めるというのは、無謀に見えて、実は合理的です。
18年のキャリアを持って、残りの仕事人生30年余を生きるということ。
なので、僕みたいに50になって形になってもあと20年余はバリバリ
やれるわけです。しかも、組織に頼らず自分の腕一本で。
これをどう考えるかは個人それぞれの価値観ですが、僕は、今本当に
この道を選んで正解だったなとしみじみ思っています。
40歳というのはちょうどいい。
若い方に言いたいのは、40歳定年という考えもありだよ、ということ。

さて、これから、やりたいことはあります。
今まで通り、あせらず、コツコツとやっていきたいと考えています。
基礎はほぼ固まりました。この基礎をベースに応用編に突入していきたい
と考えています。単なる拡大は目指しません。
小さくともキラリと光る経営体を目指していきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。


 
暑中お見舞い申し上げます
暑い日が続きますね・・・

先日、新規のお客様を訪問するために増毛(ましけ)に
行ってきました。

前から乗ってみたかったJRに乗って・・・
札幌から深川まで特急で行き、そこから留萌線で増毛へ。
このうち留萌から増毛までが来年の秋?で廃線になるという
ことだそうで、留萌線は混雑していました。

といっても座れないほどではなく奥のボックスに座り込む。
座って乗客を見れば、これはもう明らかに、「鉄ちゃん」たちです。
汽車に乗るだけでこんなに嬉しそうな人たちを初めて見ました。

僕の隣に座っている少年はどうなのか?
パッと見は地元の野球小僧。坊主頭にローリングスの短パン。
しかし、足元にあるのはカメラバッグ。荷棚を見ればでかいリュック。
これは、間違いない。鉄小僧だな。
「どこから来たの?」
「東京の八王子です。」礼儀正しく大きな声で答えてくれました。
「ひとりで来たの?」「はい。」「すごいね。」「いえ。」
聞けば、新十津川まで乗って、そこからバスで深川に出て、留萌線に
乗ったということ。やっぱり、鉄さんてすごいわ。

増毛町はマシュケというアイヌ語からきたようです。
カモメが多いところとウィキペディアでは説明されております。
「駅 ステーション」のロケ地にもなりました。
国稀酒造と魚介類がおいしい町です。
よくツーリングで訪れた町です。

僕のお客様は暑寒沢にある果樹園です。
日本最北の果樹園地域で六次化を進めたいということでご支援させて
いただいています。北海道の各地で頑張っている企業をご支援できる
ことは本当に楽しいものです。この仕事を選んで本当に良かったなと
心底思うこのごろです。

自慢ではありませんが、私のお客様は黒字企業が多い。
全体の90%以上は黒字です。そのうち、起業段階からご支援している
お客様はほぼ100%の確率で黒字になっていらっしゃいます。
これは、大きな投資をする前にきちんとした事業計画を立てること
そして黒字にするための打ち手を講じていくこと、をやっているからです。
当たり前のことですが、なかなか一人ではできないことかもしれません。
我々のような職業会計人が傍らにいて良き相談相手になることが大きな
メリットになるのではないか、その証左だと思っています。

さて、となりの鉄君(T君)と話し込んでいるうちに増毛に到着しました。
札幌駅で買い込んだ駅弁を食べる機会を逸したので、T君に進呈しました。
「じゃあ気を付けて!」「そちらも。」
受験を控えた中学3年生、受験も頑張れよー。

帰りも当然JR。国稀を買って車内で飲んで・・・と思っていたら5時で
閉店!!この町はほぼ5時で終了。仕方がないのでセブンでビールを購入。
帰りの車窓から美しい夕日と海を見ながら「プシュっ、ぐびぐび、最高!」
常磐線的おやじ的幸せ、を噛みしめつつのんびり帰りました。

おまけ・・・この後、大雨の影響で電車が止まり深川駅で待ちぼうけ。
ま、こういうこともあるさ。広い北海道だもの。

留萌増毛という文字面・・・なんか意味ありげ(笑)↓